家庭新聞

共生の地域社会をつくる市民の生活情報誌

11月22日(水曜日)

発行所 家庭新聞社
所沢市並木3-1-2-111
Tel:04-2992-2000㈹
Fax:04-2992-2020
家庭新聞
家庭新聞 header image 2

新緑の西武園を自由気ままに描く

印刷する 印刷する 5月1日(火曜日)

GW初日・家族連れなど2816名
第61回所沢市子ども写生大会

 新緑の西武園を自由気ままに描く第61回「所沢市子ども写生大会」が、同実行委員会(竹内和雄委員長)・市教委の主催、多くの関係団体・企業の後援及び協賛により28日、西武園ゆうえんち内で開催され、ゴールデン・ウィークの初日で絶好の写生日和にも恵まれたなか、小学生を中心に家族連れなど2816名が参加した。

 写生大会は、野外で絵を描く経験を通して次代を担う子ども達の情操を育むとともに、所沢市の文化振興をはかる目的で、戦後の荒廃期から日本の復興の兆しが見え始めてきた和27年に始まった伝統・歴史ある事業。昨年も東日本大震災の自粛ムードがまだ残るなかで2100名が来園して思い思いの作品を仕上げた。

 今年は、初夏を思わせるような天候のなか、早朝から小学生を中心に、幼児を伴った家族連れ、園の行事の一環として参加した幼稚園児・保育園児らが画材用具を持参して続々と来園。園内の遊戯物や季節の植物などそれぞれの題材を自由に描き、作品の提出が終わると園内の遊戯物で遊んだりと、連休初日を存分に満喫していた。

 なお、提出された作品は5月中旬には専門審査員によって厳正な審査がおこなわれ、特別賞を含め特賞・特選・入選作品が決まり、7月末には市役所市民ギャラリーにて入賞作品展も予定されている。