家庭新聞

共生の地域社会をつくる市民の生活情報誌

12月12日(火曜日)

発行所 家庭新聞社
所沢市並木3-1-2-111
Tel:04-2992-2000㈹
Fax:04-2992-2020
家庭新聞
家庭新聞 header image 2

魅力ある景観形成・生活空間創出

印刷する 印刷する 4月26日(金曜日)

緑化の基準や方法・管理など指針明記
所沢市公共施設緑化ガイドライン作成

 所沢市は、自然環境の保全や緑化推進への関心の高まりを受けて「公共施設緑化ガイドライン~みんなでつくろうみどりの街」(緑化の手引書)を作成した。

 公共施設緑化ガイドラインは、所沢市の公共公益施設における「みどりの創出」のため、緑化基準・緑化方法・維持管理・植栽央歩地の選定・緑化協議などの基準を定めた緑化指針とするために作成したもの。

 ガイドラインでは、街中のみどりは都市に潤いをもたらし、街を彩り、安らぎのある景観を創出するとともに、大気汚染や気温の低減効果などの役割を担うほか、人々の生活に欠くことのできない重要な存在であることを強調。そのうえで、所沢市では平成23年9月に改正した「所沢市みどりの基本計画」の基本方針Ⅱにも、さまざまな主体により街中のみどりの創出を積極的に進めること・適切な維持管理によってみどりの質を高めること・潤いのあるみどりの景観の形成や「生物多様性」の保全に努めることも併せて明記している。

 その他にも、緑の現状と期待される効果、緑の分布と推移、公共施設における緑の創出の在り方、ガイドラインの位置づけを列記している。

 また、これらの序章に続いて第1章では「公共建築物・学校・公園・緑地」の緑化基準、緑化方法、維持管理・植栽候補地の選定。第2章では「道路・交通広場」の緑化方法および植栽と維持管理。第3章では「河川等」の緑化方法および植栽と維持管理。第4章では「緑化協議」(対象・開発事業・手続きなど)が紹介されている。

 詳細および問い合わせは所沢市環境クリーン部みどり自然課(電2998-9373)。