家庭新聞

共生の地域社会をつくる市民の生活情報誌

12月12日(火曜日)

発行所 家庭新聞社
所沢市並木3-1-2-111
Tel:04-2992-2000㈹
Fax:04-2992-2020
家庭新聞
家庭新聞 header image 2

広い教習コースを1日開放

印刷する 印刷する 5月4日(土曜日)

交通安全教室・ふくし体験など多彩に
創立55周年記念とこじまつり実施

 

 児童生徒や高齢者の交通安全教室などにも積極的に協力している「ところざわ自動車学校」(澤田福衛校長・東狭山ヶ丘)で、恒例の「1日開放・とこじまつり」および「ふくし体験」が、5月12日(日)午前9時から午後3時30分まで開催される。

 とこじまつりは、普段教習で使用しているコースを地域の方々に1日開放し、50数本の桜の木の下でお花見を楽しんでもらおうと平成8年4月に始まった「さくらまつり」が最初。平成17年6月からコースの全面改修工事のため、桜はなくなってしまったが、翌18年からは「とこじまつり」として毎年実施して地域住民はじめ多くの家族連れで賑わいをみせている。

 今回は、所沢署・市社協の協力のもと、保育園児や幼稚園児を対象とした「あるく交通安全教室」、さらに家族で学べる「トラフィック・セーフティ・セミナー」(体験型交通安全教室)ほか、屋台村の出店・チャリティ100円カレー、ゲームコーナー、大抽選会。さらくにふくし体験では、バザーやキッズ自転車デビュー、車椅子体験広場、なんでも相談など盛りだくさんの企画が用意されている。