家庭新聞

共生の地域社会をつくる市民の生活情報誌

12月12日(火曜日)

発行所 家庭新聞社
所沢市並木3-1-2-111
Tel:04-2992-2000㈹
Fax:04-2992-2020
家庭新聞
家庭新聞 header image 2

楽しく学べる交通安全教室開講!!

印刷する 印刷する 5月15日(水曜日)

市社協との共催によるふくし体験も
ところざわ自動車学校好評の1日開放

とこじまつり①

とこじまつり②

とこじまつり③

 埼玉県公安委員会指定の自動車教習所・ところざわ自動車学校(澤田福衛校長)で12日、創立55周年を記念した1日開放があり、家族で学べる交通安全教室、さらに所沢市社会福祉協議会との共催による「ふくし体験」ほか、盛りだくさんの企画で終日大賑わいをみせた。

 1日開放・とこじまつりは、地域や学校の交通安全にも大きく貢献している同校が、平成8年から継続している事業。当時は教習コース内に50数本にも及ぶ桜の木もあったことから「さくらまつり」として親しまれた時期もあったが、現在は全面改修でコース内に桜はなくなり、とこじまつりとして老若男女誰もが楽しめるイベントとなった。また同時に交通安全教室もおこなっている。

 当日は、初夏らしく爽やかな天候にも恵まれるなか、学校側からは校長以下、教官ら社員が総出で対応。「家族で学ぼう!歩く交通安全教室」では、コース内で安全な交差点の横断方法を学んだほか、ワークショップ形式での「対話型交通安全教室」、夕暮れ時の自転車反射材の効果や、洋服の色による視認性の違いを実際に見て感じ取るコーナーも開設した。

 一方、「ふくし体験」では市社協職員も来所するなか、キッズ自転車デビューひろばの開設、車椅子体験コーナー、三ヶ島地区地域福祉ネットワーク会議による福祉バザー・綿あめ販売・福祉なんでも相談コーナーも好評を博した。

 さらにコース内中央部ではオール100円の各種模擬店(屋台村)や、先日、フジテレビ「笑っていいとも」にも出演したバルーンアートの世界チャンピオン・山北由香さんによるバルーンアート。さらに大人気の100円チャリティカレー、澤田校長所有の珍しい複数のクラシックカーや大型特殊車両への搭乗体験&コース内の走行、豪華景品の当たる大抽選会等々、盛りだくさんの企画があった。